買収事例

  • ファッションブランドのM&Aでアーティストグッズの販売を強化

    福山雅治やサザンオールスターズなどが所属する、ミュージシャンを中心とした大手芸能プロダクションのアミューズ。その連結子会社である希船工房が、ファッションブランドのミュベール(MUVEIL)を運営するフレンズを買収しました。 希船工房はグッズ生産、アパレル、外食の3つを事業の…

    音楽
  • 事業承継問題で増加が予想されるファッションブランドM&A

    M&Aの目的のひとつに事業承継があります。 日本では子供に事業承継させるケースがまだまだ一般的ですが、子供が事業承継を拒否したり、経営者としての能力に不安があったり、あるいは経営状態がよくないため親が事業承継させたくないと考えたり、うまくいかないケースも最近では増えてき…

    M&A契約
  • マークスタイラーの買収から改めて考える、ファッションブランド買収後のステップ

    「マーキュリーデュオ(MERCURYDUO)」「ムルーア(MURUA)」「エモダ(EMODA)」などのブランドを展開するマークスタイラーが、2015年4月に中国系の投資ファンドであるシティック・キャピタル・パートナーズに買収されました。 マークスタイラーと言えば、各ブランド…

    MARK STYLER
  • 婦人靴専門店の卑弥呼、投資会社の買収に応じ再建へ

    婦人靴専門店の卑弥呼が、投資会社のリサ・パートナーズのTOBによる買収に応じ、上場廃止になることが決まりました。 卑弥呼は、これまで主に百貨店や直営店を通じて、「卑弥呼」や「ウォーターマッサージ」などのブランドを展開してきました。 しかし、ここ数年アパレル企業が靴の販売も…

    婦人靴
  • インテグラル、大手アパレル会社のイトキンを買収

    大手アパレル会社のイトキンを買収した国内投資ファンドのインテグラル。 買収総額は負債も含め、165億円になると予想されています。 買収後は、不採算ブランドの廃止、不採算店舗の閉鎖をはじめとした改革を実施するとのことです。 イトキンは「ミッシェルクラン」や「ヒロココシノ」…

    ファッション
  • 買収で田崎真珠の再生に踏み出したMBKパートナーズ

    MBKパートナーズが田崎真珠を買収し、再生に踏み出しました。 田崎真珠は当時、宝飾マーケットの不振で4期連続の赤字を計上しています。 買収額は約70億円でした。 日本の宝飾マーケットは、バブル崩壊後にいわゆる中間層をターゲットとした製品が売れにくくなっていました。 逆…

    真珠
  • 息子・娘への事業承継の際に!

    日本は向こう10年くらいに渡って劇的な産業構造の変化、特に事業継承における産業構造の変化が必ず起こる国といってよいでしょう。 いわゆるメーカーは、数世代にわたって続き、時代の変化に対応しながら「老舗」の称号を手に入れていく企業と、残念ながら時代の波に飲みこまれていく企業の差…

    息子・娘への事業承継の際に!
  • 次世代ビジネスの柱をライセンスで!

    「ファッション」というと「洋服」をイメージしてしまいがちですが、ジュエリーや雑貨、バッグなどに代表される小物、靴やインテリアなど多岐に渡ることをまずは忘れてはなりません。 既存事業で成功して獲得した資金を次世代のビジネスに投資する際に、「よく考えてみたらインテリアには大変こ…

    次世代ビジネスの柱をライセンスで!
  • SBIホールディングス、大手子供服ブランドを買収

    SBIホールディングスは、子会社S通じて、大手子供服ブランドを手掛けるナルミヤ・インターナショナルを買収しました。 創業者の同意を得た友好的なTOBによる買収で、33.33%から66.65%を上限に株式を取得。 その後、企業再建支援会社リヴァンプに6.5%の株式を譲渡し、ナル…

    子供服
  • ヤマダ電機、買収で化粧品事業に参入

    ヤマダ電機は、化粧品事業を展開する株式会社プインプルを2007年に買収し、家電業界として初めて化粧品事業に参入しました。 ヤマダ電機のオンラインショップの他、通販雑誌、テレビショッピングを活用した販売展開が行われました。 販売開始直後は無料サンプルの配布も行われました。 …

    マニキュア
ページ上部へ戻る