記事の詳細

日本は向こう10年くらいに渡って劇的な産業構造の変化、特に事業継承における産業構造の変化が必ず起こる国といってよいでしょう。

いわゆるメーカーは、数世代にわたって続き、時代の変化に対応しながら「老舗」の称号を手に入れていく企業と、残念ながら時代の波に飲みこまれていく企業の差が大きくなっていくことが予想されます。
前者はほとんどの場合、既に事業が多かれ少なかれグローバル化しているケースがほとんどです。

とはいうもののこれから起こることが容易に想定される大きな変化は、むしろサービス業の多様化というものです。
とても多いケースとして、息子・娘の世代のビジネスとして飲食つまりレストランを開始するというケースがあります。
食への興味や参入障壁の低さがそうさせるのでしょうが、逆に言えば事業としては「?」がつくケースも多いでしょう。

同じような発想で、かつ、強力なサポーターがいることを前提に、息子さんや娘さんへの事業継承の一環としてファッションブランド買収の相談をいただくことがとても増えてきました。
この流れは加速しそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る