記事の詳細

「ファッション」というと「洋服」をイメージしてしまいがちですが、ジュエリーや雑貨、バッグなどに代表される小物、靴やインテリアなど多岐に渡ることをまずは忘れてはなりません。

既存事業で成功して獲得した資金を次世代のビジネスに投資する際に、「よく考えてみたらインテリアには大変こだわりがある」とか「靴は大好き」など単純な理由からビジネスを検討していくのは理にかなった話です。

「好きこそものの上手なれ」といういい言葉があります。

まずはブランドライセンスからはじめて、徐々に規模を大きくしていくような基本戦略でファッションブランドと関わっていくことも全くおかしな話ではありません。

次の一手にファッションブランド買収をぜひ検討されてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る