記事の詳細

MBKパートナーズが田崎真珠を買収し、再生に踏み出しました。
田崎真珠は当時、宝飾マーケットの不振で4期連続の赤字を計上しています。
買収額は約70億円でした。

日本の宝飾マーケットは、バブル崩壊後にいわゆる中間層をターゲットとした製品が売れにくくなっていました。
逆に売れていたのは、量販品、個性的な宝飾品、富裕層向けの高級品。
田崎真珠は、真珠製品をメインとした事業展開で急成長をしましたが、そんな時代の変化に対応が遅れたために、業績不振に陥ってしまいました。

結果として、海外ブランドの傘下で再建に向けた取り組みを進めることになりました。

関連記事

ページ上部へ戻る