記事の詳細

ヤマダ電機は、化粧品事業を展開する株式会社プインプルを2007年に買収し、家電業界として初めて化粧品事業に参入しました。

ヤマダ電機のオンラインショップの他、通販雑誌、テレビショッピングを活用した販売展開が行われました。
販売開始直後は無料サンプルの配布も行われました。

一見すると家電と化粧品は結びつかないように感じられるが、美容関連の家電も数多く登場してきており、今回のような化粧品という異業種への進出に繋がったと見られています。

プインプルの製品は素肌美を求める女性をターゲットに、化粧品の他健康食品も製造・販売しています。
同社が開発した世界初の新成分「玄米核酸」を配合した化粧品シリーズを中心に展開しています。

関連記事

ページ上部へ戻る